サプリメント 賞味期限

サプリメントの賞味期限について

サプリメントにも賞味期限があります。やはり口にするものなので、全てのサプリメントにありますから時間が経過して摂取しようと思う時は事前に確認される事をおすすめします。

 

なお、錠剤やカプセルタイプのものだと、もちろん商品によっても変わってきますがおおよそ1年〜2年程度が多いようです。そのほかのサプリメントもおおむねこのくらいの期限のものが多いです。

 

ですが、一部の青汁のようなサプリメント(健康食品)で冷凍タイプのものは賞味期限が短く設定されています。これらの場合は3ヶ月〜半年程度になっているようです。

 

なお、箱やボトルに記載されているこれらの賞味期限は、正しい保存方法で且つ未開封の状態での表示になっているはずです。ですから、開封後は出来るだけ推奨されている摂取方法(個数、間隔等)で摂取するように心がけられた方が良いと思います。この辺は特にサプリメントだからというわけでは無く、通常の食品でも同じですよね^ ^

 

因みに保存方法に関してですが、高温多湿のところに保管しておかなければ大丈夫です。ですから、通常はリビングや台所の火から遠いところに保管しておけば問題は無いと思います。
(冷凍タイプのものは別ですよ^ ^;)

賞味期限を過ぎてしまった場合について

なお、賞味期限を過ぎた場合の弊害についてですが、配合されている栄養成分から得られるはずの本来の効果が得られないだけではなくて、体調に支障をきたす可能性もありますから注意しましょう。基本的には賞味期限を過ぎてしまったものに関しては服用しないようにされて下さい。まぁ、おそらくサプリメントのような長期保存出来るもので、賞味期限を過ぎてしまった場合は、すでにその存在を忘れられている可能性がありますが…^ ^;

 

誤ってこういった賞味期限を過ぎたサプリメント(健康食品)を服用してしまった場合ですが、基本的にはメーカーはなんのサポートをもしてくれないと思っておいた方が良いでしょう。明にはどこのメーカーもそういった事は公表していませんが、賞味期限を記載している時点でそれを過ぎてしまったものを服用しても対応は期待できないでしょう。

 

ですから、大事な事はこのサプリメントは少し前に購入したものだなと思ったら、まずは賞味期限の確認。そして、保存方法はどうだったか?と、未開封の状態かどうかをチェックしてからそれが服用出来るものなのかどうかを判断しましょう。

 

自分の健康を維持するために服用を始めたのに、健康を害してしまっては元も子もありませんからね^ ^